マシニング治具

        

 汎用治具バイスシステムで社会に貢献します

         
          

TOP 会社概要 資料請求 PDFダウンロード お問い合わせ 展示会情報

  TOP < ディペンドバイスシステム < ディペンドバイス使用、応用例

 

  ディペンドバイスについて

     ディペンドバイスとは

    部 品 構 成

    幅 広 い 用 途

    クランプパターン


 製 品 案 内

  
ディペンドバイスシステム

     エアーシステムバイス

    バキュームクランプシステム

    ワークチェンジシステム

    位置決めパレット交換システム

    ベースプレート治具

 

   御見積フォーム

    Q&A

    リンク

 

 

 

 
 

FMS加工セル型MC用ワーククランピングシステム (受注生産品)

5軸マシニングセンターに最適!!

IFV−Aタイプ (質量23kg)

300φ加工領域内にて最大170×200のワークを固定する事ができ、2台のバイスを自由にスライドさせて幅の狭いワークの側面加工も可能 です。

IFV−Cタイプ (質量20kg)

IFV−Dタイプ (質量17kg)

小型4面バイスになっており、小物部品の効率加工が行えます。

円形プレート上に14mmT溝加工が施されており治具の組み立てに便利 。インデックス装置のサブプレートとしても使用可能です。

 

複合加工機アタッチメント

複合加工機の稼働率を200%に!!

複合加工機にこのアタッチメントを使用すると、角物ワークなどマシニングセンターとしての加工に使え複合加工機をさらに有効的に使用することが可能です。

     

 

PSSシリーズ本体にSH口金を使用しT溝付サブプレートに搭載。本体はT溝に沿って移動でき、またピン穴を施すことにより位置決めピンに当てて位置決め可能。口金は本体のセレーションで位置決め 出き、X、Y方向共に精度よく位置決めが可能です。立形マシニングセンター等で大型ワークをクランプするのに最適な仕様です。(サブプレートは特殊製作品)

    

 

サブプレート上にインデックス、PSS−C4Vシリーズ、C4専用軸受けを搭載。軸受けにはインデックスとの芯高を調整するためのスペーサーを使用。また C4Vの50幅タイプの本体上にPSSの30幅タイプを装着。より幅の狭いワークでも3面加工が可能。取り付け、取り外しが簡単で30mm幅、50mm幅でもワークに合わせてどちらでも使える仕様です。

 

C4Vの50幅タイプとC4専用軸受けを特殊製作のかさ上げ台に載せて機械テーブルに搭載。機械がハイコラム仕様の場合は機械テーブルに直接バイスを搭載すると、加工ワークによっては主軸が届かない場合があります。その時に必要なかさ上げ台も設計製作致します。お気軽にお問い合わせ下さい。

 
 Copyrightⓒ  2012 IZUMI CORPORATION . All Rights Reserved